前へ
次へ

不動産の貸し借りに関しては法律が色々とある

不動産というのは必ず有償で貸さなければならないというわけではなかったりしますタダで物を貸すということもできたりするわけですからそれは問題ないのですがそれでも契約ということはしっかりとやることになるでしょう。
その時にする契約というのが使用貸借契約ということになります。
逆にお金を取って貸し借りをするということになりますと賃貸借契約ということになります。
建物の場合、適用される法律というのはものによって違ったりします。
一戸建てであれば借地借家法というものになりますがアパート・マンションの場合その上で区分所有法というようなものにも適用されるパターンがありますので注意しておきましょう。
また公営住宅などの場合は公営住宅法という法律がありそちらが適用されることになります。
簡単に言いますと公営住宅法というのは原則として借家権の相続が認められないということになっています。
細かく違いがあるので覚えておきましょう。

Page Top