前へ
次へ

造成宅地防災区域内にある土地はどんな土地か

土地を購入するときに調べておきたい資料としてハザードマップがあります。
市区町村などが出していて、水害や地震、津波などが起きた時にどの辺りが被害に遭うかなどの情報が載せられています。
川が近くにあれば何となく危険と感じるでしょうが、川から離れていても低地などは危険な可能性があります。
ハザードマップ以外にもいろいろな情報が分かることがあり、購入予定の土地が造成宅地防災区域内にあるときは注意した方がいいでしょう。
これは新興住宅地などで指定されることがあり、元からあった土の部分ではなく盛土などで造成されたところになるでしょう。
どうしても地盤が弱く、地震の影響を受けやすくなります。
指定されているからと言って必ず被害が出るわけではなく、実際に指定されている地域を見るとかなり広範囲になっているときもあります。
納得して購入するなら良いでしょうが、購入後に知った等が無いよう注意した方がいいでしょう。
不動産取引においては該当するかどうかは重要事項になります。

Page Top