前へ
次へ

借家とは一体どんなものであるのか

借家とは何であるのかといいますと一般に建物や建物の一部を他人から借りる状況の事を言います。
一口に建物と言っても一軒家ということもありますしアパートやマンションということもあります。
一軒家と言っても一室だけを借りるということもありますし、離れを借りるということもあるでしょう。
そういう違いがあるということはともかくとして借りるということを着目すれば賃料を払って借りる場合もありますし、ただで借りるなんていうこともあったりするわけでその状況によって契約の内容がだいぶ変わってくるということもあります。
この手の事に関しては借地借家法という法律によって一定の建物の貸し借りについて特別な定めをしており、借家人の方を保護しています。
契約とは平等であるべきではあるのですが歴史的背景を見る限り、家は貸す側が圧倒的に強いということもあって、借家人の方を守るような法律というのが作られているというわけです。
家を借りる、という行為は想像よりも重いわけです。

Page Top