前へ
次へ

不動産の貸し借りには規則があります

不動産といえば貸し借りになるわけですが普通の住宅というようなことになりますと普通借家権というものが発生することになる可能性が高いです。
そうしないやり方というのもあるのですが基本的には発生することになります。
正当な事由がない限り借家人が更新を希望すれば借家契約というのは更新されるということが大前提になります。
解除されるべき原因というのもいくつかあって例えば賃料の不払いとか使用目的などになります。
そういうことが起きていますと当たり前ではありますがお互いに権利と義務があるにせよ、借り手がその義務を果たしていないということになりますので解約できるというパターンがあります。
しかし、これもかなり強く借り手が守られているものであり、一回二回の賃料の不払い程度では実はそれだけで普通借家権の解除ということは難しいです。
貸し借りというのは平等であるべきではあるのですがどちらかにしっかりと守られるべき存在というのは存在していたりもするわけです。
それが不動産の貸し借りです。

Page Top