前へ
次へ

津波災害警戒区域は住むべきでないのか

地震が起きると地面が揺れますが、その地震の影響が海にも伝わると揺れが波を大きくするでしょう。
地震が起きた時には津波の影響に関する情報が出されるときがあり、もし危険な地域として指定されればすぐに非難の準備をしなければいけません。
津波に関しては一定の予測が可能になっています。
土地の中には津波災害警戒区域に指定されているところがあり、地震が起きた時に津波が押し寄せ住宅などに被害が出る可能性がある地域になります。
となると住むのに適さないと考えがちですが、必ずしもそうではありません。
警戒区域に指定されれば自治体もそのままにはせず、いろいろな対策を取ろうとします。
対策の最初は避難経路の確保で、高台までの経路がその地域の住民に知らされます。
その他津波が来ても被害が少なくなるような設備を設置する等も積極的に行うでしょう。
まずは原状の状況を把握し、いろいろな措置が取られている土地であれば決して住むのに適さないと言えないでしょう。

Page Top