前へ
次へ

家賃に関する取り決めなどには一応は

不動産を借りる時には家賃を決めるということになるのですが当然長く借りていると家賃が高くなるというような可能性も出てくるわけです。
もちろんその逆も存在しているわけですが基本的には高くするという要求に関して借家人は新家賃の支払いの義務があるのですがその額に不満があるというのであれば新家賃が決まるまでは相当と考える金額の家賃を支払うか供託すれば良いということになっています。
つまりは、不動産の貸し借りについての賃料は話し合いをするということが基本的には前提になっているということです。
そして、その話し合いの中、当然そのまま借りているということになりますのでその間の家賃をどうするのかということですが、借り手が相当と思われる金額の支払いでよいことになっているのです。
不動産貸借のための法律とも言える借地借家法ですが基本的には借家人の方をかなり強く守るような傾向があるのは間違いないです。
多少、改正されたのですが基本はそうです。

Page Top