前へ
次へ

建物は一次利用では借地借家法が適用されない

建物の一時使用というのは借りているということは間違いなのですが借地借家法が適用されないということになっています。
この場合民法ができをされるということになりますので合意がない限りは契約期間満了によって終了して更新をすることが認められないというようなことになります。
具体的にどういうことであるのかというわけですが、例えば博覧会とか一時的な式典臨時使用の短期的な貸借などになります。
こういうことにまで借地借家法を適用させるということになりますとあまりにも重すぎるということがあるわけです。
借地借家法は明らかに借りる側がかなり強い権利を有することになります。
契約すること自体は当然、お互いの同意に基づいて行われるということになりますので、それはよいのですが借りた後に借りた側のほうが色々と権利として強いことが多くなっています。
これはそちらのほうが弱者であるからです。
だからこそ、保護する価値があるとして法律で守っているわけです。

Page Top