前へ
次へ

国などによって差し押さえられた不動産

借金をしたときには返す必要があり、期限までに返済しないときは色々な催促を受けるでしょう。
お金を貸す業者の中には厳しい取り立てをした業者もいたようですが、一般的な銀行や大手消費者金融などは電話や文書などで催促をしてくることが多いです。
その他国などには税金を払う必要がありますが、それを滞納してしまうときもあります。
お金を借りたり税金を滞納した時に行われること落として差し押さえがあります。
払わなくてはいけないお金を請求に基づいて支払わないとき、その人の資産から受けられるような手続きを取ります。
仕事をしていて給料を受けているなら、その給料が差し押さえられて給料から支払いが行われたりします。
それ以外にあるのが不動産において差し押さえ登記されるときでしょう。
登記簿に差押と書かれていて誰が差押をしたかもわかるようになっています。
国などであれば税金の差し押さえのために行うことがあり、この登記がある状態で購入すると不動産をうまく手に入れられないときもあります。

Page Top